風呂掃除、効果的なカビキラーとラップの使い方は?ゴムパッキン部分はどうすればいい?
毎日磨いても磨いてもヌメヌメになる
にっくき水垢!

ゴムパッキンの黒かびは落ちないし、
お風呂掃除なんて嫌い!

なんて主婦の方必見、
家にあるものだけで憎たらしいカビを
やっつけましょう☆


水垢ができにくくなる方法も
ご紹介しますよー(≧▽≦)

Sponsored Links

お風呂掃除を簡単キレイにするコツは?


毎日キレイにってなかなかめんどくさいですよね。

手を抜きたくなるけど
ここで手を抜いてしまうと結局後で時間をかけて
やらなければいけなくなってしまう、、、

あなたはいつ、
お風呂掃除をしていますか?

ヌメヌメの赤カビができる原因は、
ズバリ“水分”
です。

お風呂入ってすぐ掃除する方は分かると思いますが、
壁や床に残っている水分は意外にも
結構な量なんですよね。

浴室乾燥がついていても、
一気に乾燥されるわけではないのです。

浴槽のお湯を流したらまずは
浴槽を掃除しちゃいましょう。

私は自分を洗う時に一緒に浴槽も洗っちゃいます
(当たり前ですがスポンジは別です)。

シャンプーをして、
トリートメントを浸透させている間に浴槽掃除

お風呂の汚れは体から出た皮脂や垢なので、
ボディソープで洗っちゃいます♪

時間を有効に使えて、
さらにお風呂もキレイになって
髪の毛もサラサラツルツルになる、
一石二鳥どころか一石三鳥です(*^^*)

そして、お風呂を出る前に浴室の水気を拭き取ります。

窓掃除のときに使うスクイージーがあれば便利ですが、
私は使いこなせないので
タオルで拭き取ります。

天井はクイックルワイパーにタオルを巻きつけて
拭きあげます。

もちろん、浴槽、洗面器、椅子、
シャンプー類の下もお忘れなく!


排水溝の髪の毛はそのまま放置です。

乾いた方が取りやすいので
翌朝まとめてポイ!

その時に排水溝に重曹スプレーを吹きかけて
軽く歯ブラシでこすり、
フタを立てかけて置いておきます。

お風呂に入る時に戻しておけばオッケー♪

ここで1ポイント☆

浴室を拭くタオルは洗濯をするときに
柔軟剤を使わないことによって

水分の吸収が良くなります。

私はバスタオルを5枚を浴室を拭きとり専用にして、
バスマットと一緒に洗っちゃいます。

バスマットも柔軟剤を使わなければスッと水分を
吸収してくれますよ♪
Sponsored Links

ラップを使った効果的な浴室のカビ掃除の方法は?


上記の事をやっていても
半年に一度は必要なカビ掃除。

どんだけキレイにしてもカビは出てくるものなんですよね(>_<)

カビさせない方法は、
自宅でお風呂に入らないことくらいしかありません。

しかしそんなわけにもいかないですよね、、、

そこで!“カビキラー”の登場です。

でもカビキラーを吹き付けてもすぐに垂れてきて
効果があまり見られない、

それではお風呂掃除なんてしたくなくなってしまいます。

ここで登場するのがキッチンに必ずある《ラップ》です。

サランラップ、クレラップ、お好きなものでどうぞ♪

まずは浴室を完全に乾かしきります。

コツは、カビ汚れより少し上の方に吹きかけます。

そうすることによって、
ラップを用意している間に
ちょうど良い所に垂れてきます!

その瞬間、“ピタッ”!!!はり付けましょう♪

そのまま6時間程置いて流すだけです。

カビは空気に触れている間は死なないので、
ラップをはることによって
カビキラーが垂れないだけでなく、
空気から遮断し、乾くこともないのです。

Sponsored Links

ゴムパッキンの効果的なカビ掃除の方法は?

手ごわいのは赤カビよりもやっぱり黒カビ。

洗剤を付けて磨いてもなかなか落ちないんですよね、、、。

なぜかというと、
ゴムパッキンの黒カビは奥深くまで根を張るので
表面だけ磨いてもダメなんです。

しかも、カビはこすると胞子が飛び散って
結果的に増やしてしまうことになるのです。

というわけで、これも先ほど同様
ラップを使います。

さらに!キッチンペーパーも使います。

キッチンペーパーがない場合は
ティッシュやコットンでも代用できますよ(*^^*)

ゴムパッキンにカビキラーを吹きかけ、
キッチンペーパーをはり付けます。

その上からさらにカビキラーを吹きかけてラップをはり、
30分から1時間程放置!

長く置くとゴムパッキンが傷むので
注意してくださいね。


『そもそもカビキラーがないんだけど…』
という場合は、
キッチンハイターなどの塩素系漂白剤と
片栗粉を0.8:1くらいの割合で混ぜます。


あまりドロドロにしてしまうと流れてしまうので、
固めにしましょう。

出来上がったらゴムパッキンに塗り付け、
同じく放置します。

布で漂白剤を拭き取り、水で流して終了です。

完全に落ちなかった場合は
何回か繰り返してみてくださいね!


ハイターなどを使う場合は手があれるので
必ずゴム手袋を使用しましょう!

Sponsored Links

まとめ

1. お風呂掃除を簡単にするコツは、
お風呂上りにすぐすること!


2. 浴室の水気はその日のうちにふき取ること!

3. カビキラーの上からラップを吹きかけて
しばらく置きましょう

4. ゴムパッキンの黒かびはカビキラー、
キッチンペーパー、カビキラー、
ラップの順番で重ねましょう

Sponsored Links