そら豆のカロリーや栄養成分は?ダイエットや美容には効果があるの?
そら豆は塩茹でにして
おつまみとしてよく食べられますよね。

私のお父さんも夏にビールのおつまみとして
食べていた記憶がありますよ。

ですが独特な風味があるので、
子供の頃の私は苦手で
あまり茹でたものは食べませんでした。

油で揚げた豆菓子ならおやつで食べていましたよ。

豆菓子には塩を振りかけたものや
黒糖のものなどがありますよね。

こちらは揚げてあるので
カリカリしていて美味しいです。

そんなそら豆には
多くの栄養素が含まれているんですよ。


そこで今回はそら豆のカロリーや栄養素
美容効果からダイエットに向いているのか紹介していきます。

Sponsored Links

そら豆のカロリーや栄養成分は?


そら豆のカロリーは、
若い生そら豆だと100gで108kcalです。


これをゆでたものは112kcalになります。

またウィキペディアには100g
348kcalだと書かれていました。

おたふく豆と呼ばれるそら豆の煮豆だと
100gで251kcal程です。


ちなみに体重が50kgの方が
100kcalを消費しようとすると、
ウオーキングが約23分かかります。

ですのでそら豆100gのカロリーを消費しようとすると
ウオーキングを約80分する必要がありますね。

またそら豆に含まれる栄養成分には、

女性に嬉しい葉酸や亜鉛、
食物繊維や鉄も含まれていますよ。


その他には、ビタミンB1、ビタミンB2
ビタミンE、ビタミンCなども含まれています。

フライビーンズや
黒糖そら豆のカロリーは?

まずフライビーンズとは
そら豆を揚げて塩を振ったもののことで、

花豆いかり豆とも
呼ばれている豆菓子のことです。

フライビーンズは100gで472kcalあるそうです。

油で揚げてあるので水分量が減って、
同じ100gでもこっちの方が数的には多いかもしれませんが、

揚げたことでカロリーは通常のそら豆よりも
高くなっているので食べすぎには注意したいですね

また栄養素は銅、食物繊維、
鉄、ビタミンE、リンなどが含まれていますよ。

次に黒糖そら豆

「乾物の里 黒糖そら豆」という商品では
100g当たり462kcalあるそうです。


フライビーンズとあまり変わらないくらいの
カロリーがありますね。
Sponsored Links

そら豆にはどんな美容健康効果がある?


そら豆には以下の効果が期待できます。

l.高血圧・むくみ予防

そら豆はカリウムを多く含んでいます。

カリウムには塩分を出してくれる働きがあるので、
高血圧の予防になりますよ。

またむくみ予防にも効果があります。

2.疲労回復

そら豆にはビタミンB1も含まれています。
ビタミンB1は疲労回復に効果がある栄養素ですよ。

3.肝機能を高める

そら豆に限らず豆類はたんぱく質を多く含んでいます。

そのためお酒のおつまみにすることで
肝機能を守ってくれるんですよ。

お酒と豆はいい組み合わせなんですね。

4.便秘予防

そら豆は皮ごと食べられるので
多くの食物繊維をとることができますよ。

食物繊維は腸の調子を調えてくれるので、
便秘に効果があります。

5.肌荒れ・ニキビ

亜鉛が不足するとニキビができやすくなります。

ですがそら豆には亜鉛が含まれているので、
ニキビをできにくくしてくれます。

またビタミンCも含まれているので、
美肌効果も期待できますよ。
Sponsored Links

そら豆はダイエットにオススメ?

そら豆はビタミンや鉄、カリウムなどが
豊富に含まれているので、

疲労回復や便秘を予防してくれたりします。

カロリーも100g当たりで換算しても
そんなに高いとは思いませんよね。

ですがそら豆は、食べても普通より
早いくらいにお腹が空いてしまいます。

つまり腹持ちがよくないんです。

そうするとお腹が空いて
間食してしまう頻度が増える可能性があるので、
ダイエットには向いていないと言えますね。

またそら豆は100g当たり約46gの糖質を含んでいます。

白米150gで糖質55.1gなので
そら豆の糖質は高いほうだということが分かりますね。

糖質が高いということも
ダイエットには向いていない原因です。

まとめ

そら豆はカロリーもそんなに高くなく、
女性に嬉しい栄養素も含んでいて

美容効果にも期待ができそうな食材です。

ただしたんぱく質や糖質が高いので、
ダイエットにはあまり向いていないかもしれませんね。

ダイエットでは1つの食品に絞るのではなく、
バランスよく栄養を取ることが大切ですよ。

そら豆も食べ過ぎない程度に取れば
あなたの味方になってくれますね。

Sponsored Links