寂地山に咲くカタクリの花の見頃の時期はいつ?一番のみどころを紹介!
「カタクリ」って言葉は普段からよく耳にしたり、
目にしたりしますよね。

私は「カタクリ」と聞くとまず片栗粉が思い浮かびました。

料理などによく使う片栗粉は、
昔はこのカタクリの花から抽出されていたんですよ。

ですが、精製量が少ないので
現在はジャガイモなどから抽出した
デンプン粉が原材料となっている場合が
多いです。

またカタクリの若葉は、ゆでて
山菜としても食べられるそうです。

「どんな味なんだろう?」とちょっと興味は湧きましたが、
この寂地山のカタクリは多くの人が愛でるための花ですので、
取って帰ったりしないでくださいね。

また、面白いことにカタクリの花は夜の間は閉じていて、
朝太陽が出て暖かくなるとラッパ状に開き始める
んです。

気温が上がるにつれて花が開いていって、
昼頃になると花びらが反対方向に反り返って、
写真でよく見る姿になりますよ。

今回はそんなカタクリの花が咲いている
寂地山ついて
紹介していきます。

Sponsored Links

寂地山のカタクリの花とは?


まずカタクリはユリ科カタクリ属に属する
多年草の花
なんですよ。

多年草なので、
複数年にわたって同じところで咲いてくれます。

だから1回見つけておくと、
次の年も同じ場所に咲くので見つけやすいですね。

カタクリは花に太陽が当たると花びらが開き反り返るという
性質があります。

逆を言えば日差しがない日は、
花が閉じたまま終わってしまうんです。

なので、
見に行くときは晴れた日がおすすめですよ。

またカタクリの花を楽しめる期間は4~5週間程度です。

ですが桜とは違い
夜になると花は閉じてしまいますし、
日が当たらないと花が開きませんので

見られる時間は少ないですよね。

花の命は短いと言いますが、
カタクリの花を見に行くのはよく見極めてから
行ったほうがよさそうですね。

じゃないとせっかく行ったのに、
あまりきれいに見れなかった
というような残念な結果になりそうです。

寂地山のカタクリの花の見頃の時期は?


右谷山~寂地山~冠山の間では、
4月下旬から5月上旬にかけて
カタクリの花が見頃
ですよ。

2016年は暖かかったので雪が少なく、
雪解けが早かったですよね。

ですが桜は平年並みの開花でしたし、
カタクリの開花も平年並みだったようです。

開花は平年並みでしたが、
積雪がない分カタクリの花は咲きやすい環境なので、
少し早く咲き始めたところもあるようでした。

今年は今のところ
平地では雪がほとんど降っていませんね。

まだ冬は長いのでどうなるか分かりませんが、
積雪がなければその分
早く花が見られるかもしれませんよ。

Sponsored Links

寂地山のカタクリの花のみどころは?

カタクリの花を見るために山を登るので、
ところどころにある滝もみどころですよ。

滝は「竜尾の滝」「登竜の滝」「白竜の滝」
「竜門の滝」「竜頭の滝」の5つ
あります。

合わせて『五竜の滝』と呼ばれています。

この五竜の滝側から登り、
みのこし峠手前の急登を登りきると、
すぐにカタクリの群落が見えてきますよ。

白いカタクリの花が咲いていたりするので、
探してみても楽しいですね。

また寂地山までの縦走路の両側には、
カタクリの花がびっしり咲いています。

ここがカタクリの花の一番のみどころとして
おすすめですよ。

例年右谷山から咲き始めるようなので、
早めにいかれる方はこちら
または、みのこし峠経由寂地山に、
遅めにいかれた方は冠山方面に行くといいですね。

他にも山にはいろんな種類の花が群生して咲いています。

カタクリだけではなく他の花もたくさん見つけられるので、
嬉しさ倍増ですね。

Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

寂地山は山口県岩国市錦町宇佐に
あります。

山口県と島根県の県境にあるんですよ。

電車の方は錦川清流線錦町駅からバスで
約60分で
着きます。

山頂へは寂地峡入り口から徒歩で
3時間くらい
かかります。

登山になれている方なら大丈夫でしょうが、
この山は山口県では最高峰なので、
初心者の方は1人では行かないほうが
いいかもしれませんね。

まとめ

カタクリの花自体あまり見かけませんが、
花壇で見るのと山で自生している花を見るのとでは
やはり雰囲気が違いますよね。

より花を楽しめるように改良されたものではないので、
インパクトはあまりないと思ってしまうかもしれませんが、
山の花には上品な美しさがあります。

そんなひっそりと咲いている花を愛でるのも、
たまにはいいかもしれませんよ。

とはいえ、
登山することになりますので
しっかりと準備をして、
お気をつけて登ってくださいね。

Sponsored Links