立夏の意味は?2017年はいつ?初夏との違いや行事や食べ物も紹介!
日本は、春夏秋冬の四季がはっきりわかれています。

清少納言が枕草子で春・夏・秋・冬
いずれも「いとをかし」と語ったことをはじめ、
日本人は昔から四季をとても大切にしてきましたよね。

江戸時代に使われるようになった暦から、
中国の二十四節気の考えを取り入れ、
季節の変わり目に立春・立秋などが
使われるようになりました。

日本の四季とは少しずれるタイミングで
季節の変わり目が訪れるのはそのためです。

それでも、季節を大事にし、
それを子供たちに伝えていく気持ちは
とても大切なこと
だと思っています。

ところで、「二十四節気」というからには、
季節の変わり目を表す言葉は24個ありますが、
いくつ知っていますか? 

立春は、よく聞きますが、
「立夏」って聞いたことがありますか?

今回は、「二十四節気」の中から
「立夏」について
ご紹介したいと思います。

Sponsored Links

立夏とは?意味や由来は?初夏との違いは?

はじめに、「二十四節気」を紹介します。

春は、立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨

夏は、立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑

秋は、立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降

冬は、立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

どうです? 知っている言葉はありましたか?

ちょっと読むのが難しい言葉もありますね。

一覧で並べることで気がついた方もいると思いますが、
「立夏」は夏の始まりを表す言葉になります。

夏の始まりと言っても暦の上での夏なので、
実際には「夏がもうすぐやってくる」と感じられる頃になります。

夏の始まりと聞くと「初夏」という言葉が良く使われますが、
初夏はもう少し暑くなってきた6月頃を指す言葉なので、
1ヶ月ほどずれますね。

また初夏は「二十四節気」の仲間ではありません。
Sponsored Links

立夏の時期はいつ?2017年はいつ?


立夏の時期は、「二十四節気」で立夏から小満となりますね。

2017年の立夏は、5月5日で小満は5月21日になりますから、
時期としては5月5日から5月20日を指すと言えるでしょう。

小満は、暑さが加わり、草木が実をつける頃になるので、
立夏の時期は本当に夏の気配を感じる季節となりますね。

ふと夏のにおいがした・・・そんな季節になります。
Sponsored Links

行事や食べ物は?


立夏の行事は特別あるわけではありませんが、
2017年は5月5日ということで
ちょうど端午の節句と重なりますね。

また、この季節には神田祭・葵祭・三社祭と
お祭りが立て続けに行われているのも特徴です。

端午の節句と言えば、柏餅を食べる習慣がありますよね。

それ以外にも、この時期に旬を迎える食べ物には、
明日葉・グリーンピース・じゃがいも・
空豆・夏みかん・鰺
がありますね。

旬の食べ物を食べて、夏の始まりを感じるのが
正しい過ごし方と言えるかもしれませんね。

Sponsored Links

二十四節気で使われる立夏の候とは?


手紙や、ビジネスメールを書くときに
季節の挨拶を入れることがありますよね。

気の利いた言葉を入れられると風流な感じがして
一目置かれるようになりますね。

大事なお手紙であればなおさら入れたくなるものです。

立夏の候、若葉が美しい季節となりました。

貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

のように、使われることが多いです。

夏という文字が入るために時期を間違えないで使えると素敵ですよね。

立夏は5月5日から5月20日の時期と言ったので、
「立夏の候」という挨拶文は
だいたいゴールデンウィークが終わってから
2週間程度の時期に使える挨拶だ

と覚えておくと良いでしょう。

まとめ

1. 立夏とは?意味や由来は?初夏との違いは?

立夏とは「夏がもうすぐやってくる」と感じられる5月を
初夏は暖かさが加わる6月を指します。

2. 立夏の時期はいつ?2017年はいつ?

2017年は5月5日が立夏です。

時期としては小満の前日5月20日までを指します。

3. 行事や食べ物は?
端午の節句が重なります。

神田祭・葵祭・三社祭とお祭りが立て続けにあります。

柏餅を食べましょう。

旬の食べ物は明日葉・グリーンピース・じゃがいも
・空豆・夏みかん・鰺などです。

4. 二十四節気で使われる立夏の候とは?

手紙や、ビジネスメールで使われる挨拶文として
「立夏の候」があります。

使う季節を間違わず
5月5日~2週間の間に出す手紙に入れてみると
良いでしょう。

日本には、二十四節気以外にも季節を感じることが出来る言葉が
たくさんありますね。

最近は夏が涼しかったり冬が暖かかったりすることもありますが、
昔から大事にされてきた言葉を使い、
季節を大事に出来る人でありたいですね。

Sponsored Links